弁護士の先生へ

 当社が実際に手がけた案件は、相続関連の借地権評価、無道路敷地の等価交換事例、借地権の底地併合に関する事例等が挙げられます。
 最近では、弁護士と不動産鑑定士との共同研究も盛んに行われており、法律と不動産評価が融合する分野において、弁護士と不動産鑑定士が社会に対して有用な知的サービスの提供ができる環境が整っています。
 弁護士の先生方に提供可能な鑑定事案は以下の通りです。

 

一般民事事件

@不動産利用権の侵害における借地権価格、借家権価格、使用借権価格の鑑定

A共有物分割請求事件における現物分割の鑑定

B土地境界確定事件における境界の鑑定

C建物区分所有法上の建物買取り、建物売渡し請求事件における建物の時価の鑑定

 

借地借家事件

@地代・家賃増減額請求事件における継続賃料の鑑定

A正当事由に基づく土地、建物明渡し請求事件における立退料の鑑定

B法定地上権の地代の鑑定

C建物の朽廃、建物火災による滅失の程度の鑑定

 

家事事件

@遺産分割事件における各種相続財産の鑑定

A寄与分額の鑑定

B遺産分割、遺留分減殺請求事件における分与財産の鑑定

 

商事関係事件

@会社更生、民事再生手続における会社財産の鑑定

A破産手続における破産財産に属する財産の鑑定

B株式譲渡等に伴う非上場株式の鑑定

 

 

お問い合わせ

ご質問には『迅速』に返答いたします。

―問い合わせ具体例―
<弁護士様>
世田谷区内の大規模住宅地で親族間で土地の境界確定の紛争が起きていますが、クライアントの要望は「○○○○○といった内容です。」裁判用の意見書を依頼できますか?
<会計事務所様>
事業承継で所有不動産を売却、若しくは賃貸するための報告書を依頼できますか?
<金融機関様>
従来、依頼している鑑定事務所以外の評価書が必要になりました。福島県会津若松市で15件ですが○月○日午後5時必着です。可能でしょうか? 

 

お問い合わせフォーム
TEL:03-5386-6707
kokoala@tkc.att.ne.jp